不眠気味の人に効果的なグリシン

そもそもグリシンとはなにか

グリシンと不眠の関係性について紹介しますが、まずはあまり聞きなれないであろうグリシンとはなにかについて説明します。端的に言うとグリシンとはゼラチンなどに多く含まれているアミノ酸です。グリシンの用途としては、コンビニ弁当などの調味料として使われています。また、グリシンを多く含む食材としては、先ほど述べたゼラチンの他に、牛すじ、ホタテ、エビなどが挙げられます。グリシンは非必須アミノ酸とよばれる生体内で勝手に生産されるアミノ酸であるため、最初はあまり汎用性がないように思われていました。ところが研究が進むことで、不眠の解消につながるかもしれないと期待されるようになりました。以下では、グリシンがなぜ不眠の解消に役立つのかを説明します。

不眠に対するグリシンの効能

グリシンには血管を拡張させるという特徴があります。血管が広がるということは血流が増えます。血流が多くなることで体の表面温度が上昇し、逆に体の内側の温度は下がります。人は眠りにつく際に、自然と内側の体温を低下させます。よってグリシンを摂取することで内側の体温が下がり、眠るときと同じ状態になり、眠りを誘発します。またグリシンには、内部の体温が下がるスピードが早いため深い睡眠であるノンレム睡眠にもすぐに到達してぐっすりとした質の高い睡眠を得ることができるといった効果も期待されています。グリシンが不足すると、不眠症以外にも肌荒れであったり関節痛といった症状が起きるので、そういった症状が確認出来たらグリシンの不足を疑い、上記のグリシンを多く含んだ食材を摂ってみるなどの対応をお勧めします。

© Copyright Sleep Supplemented Quality. All Rights Reserved.