常飲している薬と併用しても大丈夫か?

自己判断はしないこと

眠りに何らかの不具合があるために、快眠サプリの助けを借りようとする方もいるはずです。たしかに、しっかりと眠らなければ、疲れは溜まる一方なので、快眠サプリを利用するのは賢い選択だといえます。
ただし、持病があって通院している方は、快眠サプリを摂取する前に、飲み合わせについてきちんと確認したほうがよいです。パッケージには、薬には悪影響を及ぼさないと記載されているかもしれませんが、念には念を入れることを推奨します。
サプリが薬での治療を妨げることもありますし、逆に薬がサプリの効果を打ち消す場合もあるでしょう。それでは、いつの間にか持病が悪化したり、サプリ本来の快眠効果を実感できなかったりするので、確認の手間を惜しんではいけません。

パッケージを持っていこう

快眠サプリと薬との飲み合わせを確認したいのなら、処方してくれたドクターに質問するのが一番の方法です。ただし、製品名を伝えたとしても、『どのような成分で作られているのか』はドクターには分かりません。そのため、快眠サプリのパッケージを、ドクターのところに持って行ってしまうのが確実でしょう。主要成分はパッケージにすべて書かれているため、それを見て、ドクターがきちんと判断してくれます。
なお、薬の専門家はドクター以外にも薬剤師がいますので、薬をだしてもらった薬局に訪れて、快眠サプリとの飲み合わせを聞くのもよいです。ドクターに話を聞くのはそれなりに時間がかかりますが、薬局なら時間帯を考えて訪れればすぐに教えてもらえます。

© Copyright Sleep Supplemented Quality. All Rights Reserved.